流星シラップソーダ

読書好きな腐女子のブログ

モジョリカモジョルカ


以前の記事で、髪にパーマかけましたと書きましたが、最近でもないですけど髪染めました。茶髪に。
パーマはかけても速攻で落ちたし似合わなかったというかかけたから可愛くなったとか、そういうものを感じなかったのでそれっきりでした。
茶髪はリタッチちゃんとしてますし、続けられてますそれなりに。
私は黒髪の男が好きだし、今でも黒髪の方が似合うのでは?と思ったりするんですけど、家族以外には茶髪の方が評価高いです…なんでだ…。
久しぶりに会った友達には茶髪になってると、驚かれると同時に、なぜか高確率で「彼氏できた?」と訊かれる不思議。
喪女がいきなり髪染めるようになるような変化の理由を求めると、彼氏ができるくらいしかないからというのが理由だと思うんですけど…いねーよ彼氏。紹介してくれ。
未だに鏡見たとき自分で自分に違和感がある…ちゃ、茶髪だ…!不良だ…!みたいな。
次の目標は脱毛です。見せる相手いないのでVラインとかはクソどーでもいいんですけど、腋毛とかしたい。
あとデパコスのイヴサンローランの口紅買ってみたりジルスチュアートのアイシャドウ買ってみたりしました。
可愛くて延々と眺めてられる…ただ使う機会がない…スッピンで仕事行ってるから…。
たまにお出かけで使うくらいですが可愛いからいいのです。
あ、あとセーラームーンのコンパクトとクリップケース買いました!可愛い!可愛すぎて使えない!
そしてノンタンの手帳と岩波文庫ポーチも買ってめっちゃ可愛くて自慢したいのでついでに見てください。



最近少し小説から離れて、少女マンガばかり読んでいました。
ひかわきょうこの「彼方から」とか、萩尾望都の「ポーの一族」とか、藤田貴美の「EXIT」とか。
三原順の「はみだしっ子」はせっかく全巻買ったのにまだ一巻の途中までしか読めてません…古い少女マンガは好きだけど、読むと精神的に疲れる…。
あと今は少女マンガブームも少し終わりを迎えて、エッセイばかり読んでいます。たまにくるエッセイ期。
西川美和の「映画に関するXについて」、中谷美紀「女心と秋の空」、伊坂幸太郎の「仙台ぐらし」とか。
今は吉田篤弘の「木挽町月光夜咄」を読んでいます…やっぱり吉田篤弘の文章好き…。
中谷美紀の「女心と秋の空」を読んで私は勝手に、中谷美紀ってすごくモテないんじゃないかと心配になってしまいました。
どういう点でモテなそうだと思ったかというと、
ホメオパシーやってる
②6年間ペスコベジタリアンだった(ペスコベジタリアンとは、魚介は食べるけど肉は食べないベジタリアン。今は普通に食べてるそうな)
③断食やってる
④一年間、能の練習だけをして他に仕事をしていない時期があった
⑤ヨガや茶道をやってる
⑥ベランダでビオトープ作成したりトマト栽培したりしてる
⑦着物の着付けができる
等々…なんていうかスキルが高すぎる。
インドに一人旅したり、女性としても女優としてもすごいと思うけど、あまりにおひとりさまを楽しんでいるように見えて、中谷美紀が大丈夫か心配になったわけだけど、冷静になったら喪女に心配されるほど中谷美紀も落ちぶれてないよね…中谷美紀ごめんなさい…。
絶対独身だろと思って検索したら最近ずっと付き合ってた渡部篤郎と別れたか?みたいな記事が出てきた。
私は中谷美紀を応援してるよ…!