流星シラップソーダ

読書好きな腐女子のブログ

BUMP OF CHICKENのライブに行ってきました

5月3日、朱鷺メッセでのBUMP OF CHICKENのライブに行ってきました。友達と。
BUMPのライブは初めてで、アルバムも半端にしか聴いたことがないというニワカっぷりでの参加だったんですけど、とにかく良かったです!(語彙力のなさ)
今日TSUTAYAで持ってないアルバム全部借りてきました。ハマったものに対する行動の早さには定評のある私です。
やっぱり予習が足りなかったなと後悔してます。ライブは知ってれば知ってるだけ楽しいのは間違いないわけだし。
昔は、「えー、ライブ行ったってアーティストは米粒くらいにしか見えないしそんなの行って楽しいの?」って思ってたんですけど、楽しいんだよ!と昔の私を張り倒したい。
「私、藤君と同じ新潟にいて同じ会場にいて同じ空気吸ってる…!」というのだけで感動した。これは初めてB'zのライブに行ったときにも思ったんだけど。あの音量とあの盛り上がりとあの高揚感はライブだけのものだ。

一緒に行った友達(私より全然BUMPに詳しい)からBUMPはみんな幼稚園からの幼なじみなんだよ!という話を聞き、不謹慎ながら萌えた…幼なじみ…素晴らしい。
baseの直井さん以外みんなコミュ障っぽいところがいいね可愛いねときめきだねと友達に言ったら、藤君はコミュ障ではなく中二と説明された。なるほど。
guitarの増川さんがイケメンで吃驚した。藤君の顔以外知らずにライブに臨んだので。
衣装もなんか王子様的というかうたプリ的でかなり好きでした(視点がオタク)。
曲は王道なんですけどガラスのブルース天体観測を聴けたのが私は嬉しかったです。
ゼロがなかったのが残念だけど、聴いたら間違いなく泣いてたからな…号泣する準備はできていた。
ゼロの歌詞の「終わりまであなたといたい もう それ以外確かな思いが無い ここでしか息が出来ない 何と引き換えても 守り抜かなきゃ」の部分がたまらなく好きで、200回以上聴きました。

やっぱりライブに行くと一気に愛が高まります。
またBUMPのライブ、行きたいな!
そのときまでには曲を完璧に覚えてベストコンディションで臨みたい。
バンドの、私がやっていて欲しいときまで続いてくれわけじゃない、刹那的なところも好きなんだけど、私が次にライブに行くときまでは解散しないでいてくれますように!

ライブ前は友達とショッピングモールに行って買い物してオムライス食べて、ライブ後健康ランドでお風呂入ってから帰りました。
友達に「私達の遊び方ってなんかデート的だよね」と言われまあそうかもしれないと一瞬思ったんだけど(この前は真夜中にドライブに出かけ、その前はゲーセンでUFOキャッチャーしたりプリクラ撮ったりしてた)、でも会話とかは単なる腐女子だしデートで風呂は引くわー。
デートと遊びの境目は自分がどう意識するかどうかじゃないかと。
森博嗣の本に出てきた「沼と底なし沼の違いは、そこに幻想があるかないかだ」という話を思い出す。そもそも底のない沼なんかないんだよ!という教え。

みなさんお気付きかは不明ですが、そもそもみなさんがいるのかも不明ですが、ブログ名を変えました。
本の海を泳ぐもなにも私最近本読めてないなーと思って。
流星シラップソーダはクラフト・エヴィング商會の本に登場する実在しない、私の一番好きな商品です。