流星シラップソーダ

読書好きな腐女子のブログ

宇宙の風に乗る

私はBLCPを好きになって、それが二次創作だったりすると、大抵バンドものパラレルを想像するのだけれど、銀英伝がすごくすごく好きなのに考えたことがないのは、どう考えてもラインハルトさまに芸術的才能がなさそうだからだと気付く。
いやーラインハルトさま、絶対絵とか下手だって!楽器とかできてもトライアングル、カスタネットどまりだよ…かわいい。歌もきっと下手だけど、キルヒアイスはそれを聞いても天使のような歌声だと感じるんだろうなあ。
かわいい。
銀英伝はバンドものパラレルを考えるかわりに、私のイメージ曲はかなりある。
B'zのBad communicationの歌詞は私にはロイエンタールの独白としか思えないし、B'zのC‘monはどう考えてもキルヒアイスとラインハルトのことだし(この歌詞のあとのことを勝手に考えて切なくなって泣いてる)、B'zのグローリーデイズも絶対ラインハルトさまとキルヒアイスのことを歌った歌詞だし…つまりなにがいいたいかというとB'zと銀英伝は相性がいいなあって。
あと宝塚で銀英伝をやってくれたことで公式のイメージソングができたので当然CDもDVDも買って聞いてるし暗記してる。
フレイヤの星」と「私の中の天使と悪魔」が好きなんだけど、私の中の天使と悪魔がラインハルトとキルヒアイスとオーベルシュタインの三角関係の曲すぎて私は…。
別にオーベルシュタインとかラインハルトとキルヒアイスを仲違いさせた元凶としてくらいしか思ってなかったのに、宝塚のせいでオベライもいいかなと思えるようになってしまったから困る。
だって歌詞、ラインハルトさま視点で「真逆の二つが引き合うことをやめない」「天使は私に厳しく 悪魔が甘く微笑むのか」「天使が私を癒やし 悪魔が脅し苛むのか」「私は恐れる 天使が飛び去ってしまうことを 私は震える悪魔に支配されることに」ですよ!?
しかも舞台だと天使の部分を歌うときはキルヒアイス役の人が踊ってて、悪魔の部分のときはオーベルシュタイン役の人が踊ってるという。
で、そのあとにラインハルトさまは核攻撃停止命令を出すわけだからキルヒアイスを選んだわけだけども。
赤金は幼なじみ萌えも主従下剋上萌えも敬語萌えも切なさもつまった魔性のCP…。
銀英伝再アニメ化するということなので、キャラソンが出ることをかなり期待してる!買うから!絶対買うから!出して下さい!